QRコード

細木数子が六星占術を生み出す際に参考にしたといわれる、0学占術は運命学の集大成とも言われる占いのひとつで、形而上学と形而下学を結びつける学問として 御射山宇彦が研究を続けてきたものが大元となっています。0学占術は、四柱推命にもよく似ており、基本的に生年月日だけでも鑑定することができます。四柱推命や九星占術が好きな方は試してみて鑑定結果を比較してみると面白いのではないでしょうか。

ケータイコンテンツにも0学占術のコンテンツがありますが、よく知られているのはYahoo!占いの0学占術でしょう。生年月日を入力するだけで、かなり細かい鑑定結果が出てきますので、面倒な入力が嫌いな方にもおすすめできます。

ところで0学占術の「0(ゼロ)」というのは何を意味するものなのでしょうか。この「0(ゼロ)」というのは、ゼロスター(0星)のことで、人間の運命を支配している星を意味しています。0学占術とは、簡単に言うと、生年月日からその人のゼロスターを割り出して、運命を鑑定していく占術と考えれば良いでしょう。
ゼロスターの種類は基本が6つあって、ひとつひとつのゼロスターは自主的な星と、依存性の高い星に分類されます。ということで、生年月日から割り出されるゼロスターの種類は、全部で12種類あることになるわけです。

さらにゼロ学占術では、支配星ごとに運気の流れをグラフで示したものも見ることができます。この運気の流れを意識して生きることが、ゼロ学を生かした生き方と言えるのです。このあたりも四柱推命や六星占術などと比較してみるのも良いでしょう。


六星占術 細木数子
remaxhs.com



(c)remaxhs.com